医者

腰痛を解消するには原因を知ること~ビリビリ痛みの改善~

筋筋膜性タイプの処置

女性

臨床的な所見で判断

ぎっくり腰は、多くの人が患うことのある腰痛です。しかし、ぎっくり腰というのは、急性の腰痛の総称を示しているだけで、正確な病名ではありません。そうした急性の腰痛において、いちばん多いのは非特異的腰痛と呼ばれるものです。非特異的ということは、レントゲンやCTなどの他覚的な検査によって、異常が発見出来ないものです。この非特異的腰痛のなかでも、さらに多くを占めるのが、筋筋膜性タイプになります。筋筋膜性タイプとは、文字の通りに筋肉と筋膜に原因のある疾患です。筋肉や筋膜は、他覚的な検査でも写し出すことは可能ですが、異常を全て検出出来ません。そのため、筋筋膜性タイプは、臨床的な所見で判断することが特徴です。

冷却を行うと効果的

こうした筋筋膜性タイプの腰痛が、急性で発症した際には、その処置をするときに注意点があります。とくに、急性の炎症を起こしていることから、温めることは、症状の悪化を招く恐れがあります。外傷全般における、急性の炎症に対する処置の原則は、患部を冷却することです。急性の炎症が起きると、患部は炎症による熱感が生じてきます。患部を冷やす処置を行うということは、その熱を奪うことになるのです。熱を奪うということは、その部分の末梢血管を、収縮させていることになります。末梢血管が収縮すると、それだけ患部の腫れが抑制できますので、痛みの軽減に役立つのです。これらのことを総合すると、筋筋膜性タイプの急性の腰痛が発生したら、冷却を行うと効果的です。

急な痛みでも診療可能

窓

腰痛はいつ襲ってくるかわからないものなので、行徳に夜間や休日でも診療を行っているクリニックがあるのは患者にとって助かるものです。症状が軽いうちは病院に足が向かないという人も多くいますが、日頃のちょっとしたことで予防が可能なので、早めに行徳のクリニックを受診して医師のアドバイスを受けましょう。

Read More...

呼吸障害は早期自覚が大切

看護師

眠っている間の出来事となる睡眠時無呼吸症候群は、自覚することが難しく、周りから指摘を受ける、あるいは危険を伴うような眠気に襲われるなど、睡眠障害を疑う内容をチェックすることが大切で、専門外来に相談することがリスクを減らせる内容です。

Read More...

骨に対するガンの基礎知識

病棟

最近注目されている骨肉腫は、代表的な骨の悪性腫瘍です。腫瘍細胞が。骨組織を作るのを特徴とします。 10代に約半数かかり、20代までに3分の2の患者さんが、発症するなど若い世代に、多い特徴をもっています。

Read More...