医者

腰痛を解消するには原因を知ること~ビリビリ痛みの改善~

急な痛みでも診療可能

窓

日本人の多くが経験

腰痛で行徳の病院を訪れる人には、腰痛のきっかけとなったさまざまな要因があります。交通事故がきっかけで腰痛になる人もいれば、行徳の会社で事務仕事に従事していて、デスクワークが多いために姿勢が固定されてしまい腰痛を起こす人もいます。日本ではおよそ9割もの人が腰痛を経験するといわれており、この数字は行徳においてもあてはまるものと推測されます。しかしほとんどの人は、腰痛が軽いうちはなかなか病院を受診しないのが現状です。日常生活に支障が出てはじめて、行徳の整形外科や整骨院、カイロプラクティックなどへ駆け込む人が多く見られます。行徳でも、日頃運動不足ぎみで体の固まりがちな人が増えているとみられるため、腰痛患者の数は今後も増加していくと予想されます。

症状が重くなる前に

行徳には、年中無休で腰痛などの治療にあたっているクリニックもあります。特に中高年に多いものにいわゆるぎっくり腰がありますが、これはまさにいつ来るか予期できないタイプの腰痛です。夜間や休日であっても突然起こりうる腰痛なので、夜でもほかの病院より遅くまで開いていて、休日でも診療してくれるクリニックは患者にとって有り難く感じられるものです。行徳のクリニックには地域に住む人々の健康増進と疾病予防に心を砕いている医師がいます。まだそれほどひどくはなくても普段から腰に少々痛みがあるという人は、症状が重くなる前に受診して医師のアドバイスを受けることが重要です。アドバイスにしたがって日常生活でちょっとしたことに気をつけるだけでも、大きな予防効果があります。